標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 7924
質問者:レモングラス 60歳代 女性   投稿日時:2010年4月8日 13時20分  
【その他】多発性癌と転移癌の違いは?
兄70歳の病状についてお願いします。
8年前に同時に咽頭がん、食道がん、胃がんが発見され、咽頭がんは放射線治療、他は内視鏡手術をうけました。その後、二度、胃がん細胞発生で、内視鏡手術をうけました。
そして、昨日、また胃がん細胞が発見されました。
「多発性癌」と言われているそうです。「転移癌」とは違うのでしょうか? 癌は転移すると治療しても甲斐なく末期だと聞いたことがありますので、心配になりご相談したく思います。
回答1
回答医:皮膚科医B   投稿日時:2010年4月15日 9時26分  
回答が遅れているようですので
私がコメントします

多発性の場合は色々なところ、色々な臓器から癌が発生します。 がん細胞にもその発生した臓器によって色々な顔をしています。 胃の腺細胞が癌化したもの、乳腺細胞が癌化したもの、皮膚の上皮が癌化したものなどいろいろな種類の癌細胞が混在した状態が多発です。

転位性の場合は、発生母地は一つですから同じ顔の癌細胞が色々なところに転移した状態です。

では、同じ種類の細胞が複数の場所で癌化した場合はどうか? ですが、これは多発ですが、こういう場合は時に転移との区別がつかないことがあります。
コメント
質問者:レモングラス   投稿日時:2010年4月26日 21時51分  
御礼
手違いで大変遅くなりました。回答して頂きよく理解出来ました。有難うございました。質問後の兄の病状ですが、さらに大腸にも線種ガンがみつかりました。やはり、多発か転移か区別がつかないという状況なんでしょうね。心落ち着けて見守ってゆきたいと存じます。
キーワードガン   臓器   転移   乳腺  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。