標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 18111
質問者:YUCCA 20歳代 女性   投稿日時:2020年10月19日 14時42分  
【内科】肺動脈弁狭窄症について。
初めまして。肺動脈弁狭窄症についてご質問させていただきます。私は27歳の女性です。17歳の時に、学校の内科検診で引っかかり、病院で精査を受けたところ、肺動脈弁狭窄症と診断されました。その超音波検査の際に、医師の方に現在何か症状はありますか?と聞かれたので、当初部活で長距離走を走っていたこともあり、いまいち症状と言われてもピンと来なかった為、そして運動制限をかけられると正直部活で困ると思った為、特にありませんと答え、その当時は治療の必要なしということになりました。しかしながら、その当時から同級生と同じように長距離走を走っていても、明らかに息があがるのが早かったことが多く、また学年が上がるにつれてペースダウンし走れなくなっていった為、それらは症状の一つだったのではと今では考えております。またインターネットの情報を見ていると、検査を受けた際の最大推定圧較差の値(36.8mmHg)、肺動脈弁血流通過速度の値(3.03m/s)からするとその当時は中程度の肺動脈弁狭窄症だったと思われます。
そこで、今頃にはなりますが、少し心配になったこともあり、医師の方にご質問をさせていただきます。先天性の肺動脈弁狭窄症は年齢と共に進行し、重症になったりするのでしょうか? また、治療が必要になった場合は軽症であれば内服薬で治療できるのでしょうか?そして、定期検診はどれくらいの間隔で受けに行けばよいでしょうか?
お忙しい中、大変恐れ入りますが、ご回答よろしくお願いいたします。
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2020年10月20日 15時05分  
肺動脈弁狭窄症が年齢とともに進行するかどうかは患者さんごとに異なりますので担当の先生にお尋ねになるのがよいと思います。ご質問の範囲で、すぐに重症化する心配はないと思います。定期健診の間隔についても担当の先生にお尋ねになるのがよいと思います。
コメント
キーワード運動   検診   先天性   超音波     
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。