標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17922
質問者:タイ 50歳代 男性   投稿日時:2019年12月27日 10時32分  
【整形外科】肩の痛みの治療について
寝る際に右肩の痛みが入眠に影響するほどひどくなったため、8月より整形外科で治療を受けています。具体的には、MRIにより腱の炎症という診断で、二週間に1回注射を打っていただいています。診療明細には「キシロカイン注射液1% 5mL、デキサート注射液1.65mg 0.5mL」とあります。治療開始後2か月くらいで寝る際の痛みは眠れるほどには緩和しましたが、その後2か月間はあまり進展がないように感じます。担当医からは「あと数か月続けましょう」と言われていますが、状況が好転するのか不安です。一般的に見て、この治療を続けて完治するのでしょうか?ご意見いただければと思います。
回答1
回答医:パパくま   投稿日時:2019年12月27日 16時44分  
タイ 50歳代 男性三、今日は。
整形外科を担当している、【パパくま】です。

外国暮らですと大変ですね。また、日本とは医療体制が異なりますので、このままで完治するか?と聞かれると何ともお答えしようがありません。
MRI 検査にて、腱板の炎症ということであれば、通常注射は1、2回でほぼ良くなってしまうものと思われます。症状の改善が悪い場合には、ヒアルロンサンの注射を行いますが、国によっては使えないところもあるでしょう。また、炎症を抑える内服薬も初期には、服用すると良くなると思います。それでよくならない場合はリハビリテーションも行いますが、貴方の現在の状態を把握することができないので、正確な情報提供は困難です。
一度帰国することができれば、日本で整形外科専門医の受診を一度されると宜しいのではないでしょうか?
コメント
質問者:タイ   投稿日時:2019年12月27日 17時54分  
早速ありがとうございました。
紛らわしくて申し訳ありませんが、「タイ」というのはニックネームなのでタイ在住ではなく、日本在住です。

「通常注射は1,2回でよくなる」のですか?もう同じ注射を5か月打っています。医者を替えたほうがよさそうですね。
キーワードMRI      リハビリ  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。