標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17802
質問者:koooji 50歳代 男性   投稿日時:2019年8月1日 22時02分  
【内科】高血圧の治療薬について
私は51歳男性ですが、2年前くらいから血圧が高くなり(高いときは170-110くらい)半年前くらいに内科に通院し、アムロジピン錠5mg、オルメサルタンOD錠20mgを処方され就寝前に1錠づつ飲んでいます。
現在は130-80くらいにおさまっていますが、いつまで薬を飲み続けるのか主治医に確認したところ、一生飲み続ける必要があると言われました。
血圧が高くなってから、週5日以上1時間くらいのウォーキングに食事も塩分を抑えるよう心がけていますが、本当に一生薬を飲み続けなければならないのでしょうか?
薬をやめてから、また高くなるようであれば服用するということはできないのですか?
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年8月5日 18時44分  
一生飲み続ける必要がある、というより、飲み続けたほうが健康寿命がのびると考えたほうがよいと思います。
やめることは可能です。ただ、薬をのむ前の血圧にもどるだけで、その場合、心臓病や脳血管障害のリスクが高くなります。
血圧の薬は副作用はほとんどないので、メリットとデメリットを比較するとメリットのほうがはるかに大きいです。
コメント
質問者:koooji   投稿日時:2019年8月6日 22時25分  
回答ありがとうございます。
薬をやめると飲む前の血圧に戻るということですが、それでは1度高血圧になった人は薬を飲まない限り通常血圧には戻らないってことになりますよね?
結局最後は自己判断ってことなんですね・・・
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年8月7日 0時27分  
一度近眼になったら一生なおらないが、メガネをかければ不自由はない。メガネをとれば元にもどるだけです。
薬をのめば健常人と同じになるとプラス思考で考えられたらどうでしょうか。
キーワードウォーキング   血圧   血管   食事   心臓      副作用   リスク  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。