標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17793
質問者:にこり 50歳代 女性   投稿日時:2019年7月21日 10時58分  
【内科】海外に住む家族への対応(糖尿・高脂血症疑い、胃の再検査)
50歳独身、アメリカに単身赴任中の弟のことで相談です。1年に1度、年末に帰国(赴任期間は3年半の予定で後1年くらいはアメリカにいる予定)。前回2018年12月の帰国時の人間ドックを受けた病院から再検査していないので受診するよう連絡をが来ました。

身長167.1㎝、体重73.2キロ
BMI 26.2、肥満度19.2、腹囲86.0cm、体脂肪率26.1%
血圧 131ー90
総コレステロール 354mg/dl(標準値130~219)
LDL 278mg/dl(標準値60~119)
HDL 46mg/dl (標準値40~)
中性脂肪 201mg/dl(標準値30~149)
Non HDLコレステロール 308mg/dl(標準値90~149)

空腹時血糖 130mg/dl(標準値70~109)
HbA1c(国際基準) 7.2% (標準値4.6 ~6.2)
CRP 2.20mg/dl(標準値~0.30)

慢性胃炎疑い(X線検査より)⇒要精密検査 内視鏡検査及びピロリ菌検査が必要。
肝嚢胞8mm 胆のうポリープ3mm1ケ(1年度観察再検査)

〇喫煙歴30年以上。(禁煙するよう言っているがやめる気がなさそう)〇運動はしていない。若いころに比べてかなり太った。〇実の父はスキルス性胃がんで、56歳で亡くなっている。〇数年前、糖尿病の疑いと言われていたと思うが、治療を受けたことはないと思われる。ここ数年の数値は不明。〇脂質異常については一時期薬を飲んでいたようだが、最近は薬を飲んでいない様子。

今回の結果を受け、病院の受診、体重を落とす、禁煙、運動、食事に気を付けること、糖尿病や高脂血症、喫煙が加わると非常にリスクが高いことなども話しておりますが、真剣に対応する気があるのかわかりません。
早めに一時帰国し再検査する、アメリカの病院で再検査を受けるかした方がいいと話したが、あまり動く様子がないようです。

➀次の年末に日本に帰国した時に受診するまで待っていいものでしょうか。
➁病院受診までの間、薬局等にある糖尿病や高脂血症改善のための飲み物、サプリメント等効果があるのであれば飲んだ方がいいものはあるでしょうか。
③慢性胃炎というのはがんの可能性もある診断となりますか
対応について教えていただけると大変ありがたく思います。
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年7月21日 23時46分  
再検査を受けるまでもなく、高脂血症、糖尿病と診断されます。生活習慣を改善するのはもちろんですが、最近はよい薬がUSAでも使えるので、早めに治療を受けるのがよいと思います。
サプリメントではなく、きちんと治療を受けるのがよいです。
慢性胃炎がすぐに癌になるということはありませんがピロリ菌の検査は必要で、陽性なら除菌が必要となります。
コメント
質問者:にこり   投稿日時:2019年7月22日 20時02分  
早速教えていただき本当に感謝しております。弟にも伝え早めに治療が始められるよう、アメリカで受診すること等勧めたいと思います。お忙しい中本当にありがとうございました。
キーワード   胃炎   胃ガン   運動   HDL   LDL   ガン   喫煙   血圧   高脂血症   コレステロール   再検査   サプリメント   脂肪   食事   体脂肪   体重   胆のう   中性脂肪   糖尿病   内視鏡   人間ドック   嚢胞   飲み物   肥満   ピロリ菌   ポリープ   リスク  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。