標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17633
質問者:岩 20歳代 男性   投稿日時:2019年2月12日 2時02分  
【脳外科】視覚異常
視覚がおかしいです。一週間ほど前、目を覚ますと目の前の景色がまるでゴッホの絵画のようにうねうねとしていました。少ししてその異常は治ったのですが、それから日常的にたとえばカーテンのシワであったり木目にであったりのぐねぐねしたものに過剰に反応するようになりました。そして、今は格子状の構造をしているドアを見ていると陽炎のようにゆらゆらとし続けたりしています。また、白い紙を見ていると普段とは違いギラギラとしているように感じます。夜に出歩くと信号機の色であったり車のライトであったりがやけに眩しく感じます。関係あるかわかりませんが、本日朝起きた時、視覚の異常はなかったのですが、お腹の底から全身にかけて痙攣かと思うくらいの震えが止まらなかったのです。その震えは5分ほどで治りましたが、視覚異常と共に初めての経験でした。脳神経外科にてMRIを撮ってもらったところ、異常は見つかっていません。気になっているのは、12月ごろに美容目的で目を近づけたいと眼窩を両方の側から強く手で押し付けていたことがあります。そのせいで、頭蓋骨が縮こまってしまい、結果後頭葉であったりの血流が悪くなってこのような現象が起こっていると考えています。このようなことはあり得るのでしょうか。ちなみに、頭蓋骨に関しては、整骨院にて治療をしてもらっています。
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年2月19日 22時12分  
眼窩を両方の側から強く手で押し付けても頭蓋骨が縮むことはありません。従って後頭葉の血流が悪化することもありません。症状が続くようでしたら、眼科を受診されるのがよいと思います。
コメント
キーワードMRI   神経         震え        
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。