標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17608
質問者:くろねこ 20歳代 女性   投稿日時:2019年1月30日 18時58分  
【小児科】未熟児の脳室拡大のその後
こんにちは。
私は27歳の女性です。

私は836グラムの未熟児で生まれました。
その時に「左側脳室拡大」と診断されたそうです。
幼少期から、自閉症スペクトラム障害・発達性協調運動障害・学習障害(算数障害)のような症状がありました。(正式な診断は受けていません。別の症状で通院している精神科が大人の発達障害も診ているので、相談してみます)
児童期も学生時代も、なんとか通常級で大学も卒業できたのですが…。

・新生児の「左側脳室拡大」は成長中に改善することはあるのでしょうか?
・症状を書いていないので、推測すら困難であることは承知の上ですが、「左側脳室拡大」と「発達障害」のようなものは因果関係があるのでしょうか?

上記2点、回答をいただければ幸いです。
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年2月3日 11時19分  
左側脳室拡大とは文字通り左の側脳室が拡大していた所見を示したものと思われます。脳室が拡大していても、それ自体は脳に影響を及ぼしませんので発達障害とは関係がないと思われます。
また、今は左側脳室拡大はなくなっているか、あっても脳には全く異常をおよぼさない状態にあると思われます。
コメント
質問者:くろねこ   投稿日時:2019年2月3日 14時05分  
詳しくありがとうございました。
スッキリしました。
キーワード運動   児童   自閉症   新生児   精神   成長      発達  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。