標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17598
質問者:まりこ 70歳代 女性   投稿日時:2019年1月28日 14時09分  
【その他】夫のポリファーマシーについて
現在、夫(74歳)は以下の症状でそれぞれのお薬を処方されています。
そこそこ元気に暮らしてはいますけど、加齢だけではない体力や意欲の減退があるように思えてなりません。
慢性的に胃の調子がよくなく、頻尿ほどではありませんがトイレが近くなりました。
思い当たるのは多剤服用による副作用です。

下記の服用についてのご意見をお聞かせいただけたらと思います。
1~9までは同一の総合病院での処方になります。
よろしくお願いいたします。



通院科

1 内科(主に循環器科)
◎脳梗塞治療  18年前に発生した脳梗塞(10月、12月発作)比較的軽度な症状。 現在は再発作が発生しないよう予防措置として月に2回通院。
平均血圧は135~145/90~100

処方薬
①狭心症予防・・・・・シグマート5mg 朝夕各1錠 
②降圧剤・・・・・・・プロブレス4mg朝夕各1錠
③狭心症予防・・・・・ノルバスク5mg朝夕各1錠
④血栓防止・・・・・・バイアスピリン100mg 朝1錠
⑤血栓防止・・・・・・ワーファリン1mg 夕 4.5錠

2 糖尿科
◎2ヶ月に一度の通院。ヘモグロビンA1値は直近の検査で7.1

処方薬
⑥血糖低下防止・・・・メトグルコ錠500mg 朝夕各1錠
⑦インスリン分泌増加・アマリール 1mg   朝夕各1錠 
⑧血糖低下ホルモン増加・ジャヌビア錠50mg 朝1錠 

3 眼科
◎3ヶ月に一度通院

処方薬
⑨キサラタン点眼薬・・・緑内障対策(1、2滴1日3回程度)

4 泌尿器科 
◎3ヶ月に一度通院、一年に一回の注射(前立腺ガン術後のPSA値測定における数値が4.0以上の時)

処方薬  
⑩ホルモン注射(薬種不明)
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2019年2月3日 10時29分  
ご質問の体力や意欲の減退は多剤服用による副作用によるものではないと思われます。
拝見する限り必要な薬ばかりですし、量も適正と思われます。
体力や意欲の減退については現在治療されている内科の先生に相談されるのがよいと思います。
コメント
キーワード   インスリン   狭心症   血圧   血栓   再発   術後   前立腺   前立腺ガン   体力   点眼      脳梗塞   PSA   頻尿   副作用   発作   ホルモン      緑内障  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。