標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17292
質問者:まっつー 30歳代 男性   投稿日時:2018年6月7日 5時14分  
【皮膚科】ひょう疽の治療中の黄色味がかった腫れ
左人差し指のひょう疽の治療をレボフロキサシン、ゲンタマイシン、ロキソニン、レバミピドで行っています。各薬、一昨日から飲んでいます。病院で診てもらった時は赤く腫れていましたが、今は腫れていた部分の6割が黄色味がかった状態で痺れに似た痛みがあります。薬を飲む前のような激痛ではないですが、この状態のまま五日分の薬を飲んで様子を見た方が良いのでしょうか?それとも病院で再度見てもらった方が良いのでしょうか?アドバイスお願い致します。
回答1
回答医:パパくま   投稿日時:2018年6月9日 12時17分  
まっつー 30歳代 男性さん、今日。
整形外科を担当している、【パパくま】です。

患部が黄色みがかってきたのは、炎症が治まり、膿が溜まってきたからだと思われます。痛みが続いている場合は、切開(穿刺)して膿を取り除くと症状も早く軽減するのですが、痛みも治まってきたのであれば、このまま服薬を続けて問題はないと思います。
コメント
キーワード  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。