標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17287
質問者:ガバオン 30歳代 男性   投稿日時:2018年6月4日 0時15分  
【医療制度】病院との関係、誰の責任か?
日本では医療機関と患者がトラブルになった場合、病院側は患者の診療を拒否できるとかそういう法律はあるのですか?

また、整形外科にある運動型のリハビリに通っていて理学療法士にその数日前に打った小指が紫色に変色し、腫れた事を伝えましたが問題無いでしょう。と言われキツい小指に力を強く入れる運動とかやって痛くなり、別の整形外科でレントゲンで診てもらったら骨折していました。この場合、理学療法士が骨折の一因になっていたとして、理学療法士の責任になりますか?
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2018年6月9日 0時24分  
医師には応召義務がありますので、トラブルになったからだけでは診療を拒否することはできません。
診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 --医師法第19条
ご質問の小指の骨折につきましては、個別の事例なので理学療法士の責任については判断が難しいです。
コメント
キーワード運動   骨折   トラブル   変色      リハビリ   レントゲン  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。