標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 17260
質問者:カズレーザー 20歳代 男性   投稿日時:2018年5月6日 10時50分  
【皮膚科】亀頭部の赤み
・去年の12月から亀頭部に赤みが出ることがあり(主に尿道口周り)、泌尿器科で相談し検査をしたところ問題なく、毛細血管の拡張で赤くなっているのでは?とステロイド軟膏を処方してもらい
1日2回、3~4日塗布すると赤みが消える

・赤みは月に2~3回ほど出ることがあり、シャワーを浴びると、赤みが強くなりますが、しばらく時間を置くと赤みは少し引きます。
赤みがあるときに自慰行為をすると赤みが強くなります(勃起がよくないのか?)
次の日には少し赤みが引いている


・赤みがでる箇所(主に尿道口周り)は以前に細菌性の亀頭炎で炎症を起こしていた箇所


質問

・特に医者に禁止されていることはないのですが、赤みがあるときは自慰行為を控えたほうがいいでしょうか?

・なぜ毛細血管の赤みがステロイド軟膏で消えるのでしょう(調べてみると副作用で毛細血管の拡張と記載されてある)

・アトピー性皮膚炎の治療で塗布しているプロトピック軟膏は亀頭部の症状には効果がないでしょうか?
回答1
回答医:皮膚科医B   投稿日時:2018年5月7日 23時45分  
皮膚科担当です、初めまして。
 自慰行為に関してはあまり影響はないと考えます。
 ステロイドで紅斑が軽減すると言うことは炎症に伴う紅斑だからです。 単なる毛細血管拡張ならばステロイドでは軽快しません。 ステロイドを長期間使用すると、皮膚が薄くなって血管が透けて見えるようになり、また血管も拡張弱くなって収縮しなくなるため血管が拡張してしまいます。
以前の細菌性の炎症が強かった場合、軽快後も血管が拡張しやすい状態になってしまうことはしばしば見られます。
 アトピー性の炎症を抑えるプロトピック軟膏も有効と考えられます。
プロトピック軟膏は多少刺激感がある場合もありますが、紅斑をステロイドよりより効果的に紅斑を押さえますし、副作用もステロイドより少ないので是非試してみて下さい。
コメント
キーワード血管   自慰   ステロイド   尿道   皮膚炎   副作用  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。