標準モードSSLモード
トップページ   +サイトマップ   +ヘルプ  
質問
(公開対象:全員
No 16430
質問者:こたろー 40歳代 男性   投稿日時:2017年8月6日 5時09分  
【精神科・心療内科】認知症(今後の治療方針にていて)
90歳女性「アルツハイマー型認知症軽度は卒業した」と診断された家族がおります。

受診している先生より今後の治療方針の説明がなく不信感があり今月下旬の受診時に今後の治療方針を尋ねる予定です。受診前にご意見をお聞かせいただき今後の判断材料にしたいと思っております。
質問は2点ございます。よろしくお願いします。
まず簡単に経緯を書かせていただきます

数年前のより家族の間より認知症と言う認識あり
今年3月ケガの為入院 認知症の検査を依頼
3/30 上記診断
4/3~ アリセプトD3mg 同日インフルエンザ感染し治療
4/10 インフルエンザ完治報告
4/13~ ドネペジルOD5mg
4/15~ 体調不良により治療中止
4/21~ リバスタッチ9mg
6/10頃より食欲不振を訴える
6/16~ リバスタッチ18mg
食欲不振継続中
6/26 食欲不振継続のため受診
腎機能の数値が悪い説明あり(尿酸7.4 尿素窒素29.4 クレアチニン 1.14)
6/27~ リバスタッチ9mg

…で現在に至ります。今回相談するきっかけになったのはネットにてリバスタッチパッチ 13.5mgの存在を知たたのが理由です。

※質問 1:素人判断ですがリバスタッチパッチ 9mg → 18mgで食欲不振で9mgに戻しました。9mgでしばらく様子を診て13.5mgに変更するでと言う選択肢はないのでしょうか?
※質問 2:治療方針は今後どのようなことがあるのでしょうか?

お手伝いおかけいたしますがご回答よろしくお願いします。
回答1
回答医:コーヤ   投稿日時:2017年8月9日 23時39分  
薬剤によっては、投与量を少しずつ調節するものがありますが、リバスタッチパッチはそのような薬剤とも違うので9mgから13.5mgというのはピンときません。食欲不振がリバスタッチパッチによるものであるのであれば、他の薬剤への変更を考えたりします。「考えたりします」というのは、あくまで一般論であって、治療方針は患者さんごとに違いますし、患者さんを診察しないと勿論最適なものは判断できません。
やはり主治医の先生に説明を求められるのが最も正確と思います。
コメント
キーワードアルツハイマー   インフルエンザ   クレアチニン   食欲   体調      尿酸   尿素   認知症   薬剤  
クリックするとキーワードと関連するQ&Aの一覧が表示されます。